賢く貯金したい転勤族妻にオススメの銀行口座3選

お金, コイン, 投資, ビジネス, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金, 住宅ローン, 富, 値

 


転勤族の妻にとって、転勤の度に引っ越し先の地域で便利な銀行口座を開設するのは面倒です。

 

私自身、都心部で暮らしていた頃に利用していた三菱UFJ銀行の支店とATMが引っ越し先の地方都市にない!」という事態になったことがあり、今後の全国転勤も見据えて銀行口座の選択を見直すことにしました。

 

以下では、転勤族の妻視点で選んだオススメの銀行口座3選を理由も合わせてご紹介します。

 

 

メイン銀行に『ゆうちょ銀行』

 

全国の支店数とATM数が多く、地方都市にも必ずある『ゆうちょ銀行』は是非とも持っておくべき口座です。メガバンクのATMがないような地域でも、ゆうちょ銀行のATMは生活圏内にあることが多いのです。

 

また、夫の転勤で妻の仕事が変わると、会社によってはネット銀行を給与口座に指定できないことがありますが、ゆうちょ銀行は必ずと言って良いほど給与口座に指定できるでしょう。この点もゆうちょ銀行の口座を持っておくメリットの一つです。

 

ネット銀行のみに預金をしておくのは災害時に全預金が引き出せなくなるリスクがあるという声を耳にします。この点においても、ゆうちょ銀行を1口座持っておくことで、リスクヘッジができるでしょう。

 

 

サブ銀行に『楽天銀行

 

楽天カード楽天市場などの楽天経済圏」の恩恵をより沢山受けるために持っておくと便利な『楽天銀行』。ゆうちょ銀行をはじめとした他行ATMや、コンビニのATMがハッピープログラムで決められた所定の回数だけ無料で使えるという利点があります。

 

ハッピープログラムでは、口座残高が10万円以上であれば月1回他行およびコンビニATM利用手数料無料・月1回他行振込手数料無料となるため、たとえば月1回、給料日後に一定額を入出金する程度の利用は無料で行うことができます。メガバンクのATMがないような地方都市でもゆうちょ銀行やコンビニはあることがほとんどです。よって、地方都市でも使い勝手のよい銀行口座であると言えます。

 

給与口座に指定できるようであれば、給与振込みによってもポイントが貰える制度があるため、こちらを振込先に指定してメイン銀行として利用するのも良いでしょう。

 

 

使わないお金の預金に『あおぞら銀行 (BANK支店)』

 

あおぞら銀行(BANK支店)』は、普通預金金利が0.2%と高金利なことで有名です。

実際に振込まれる税引き後の利息額は0.159%分であり、100万円あたり年間約1590円の金利がもらえる計算です。ゆうちょ銀行のATMが何回でも無料で使用できるため、地方都市での普段使いにも便利な口座です。こちらを普段使いの口座として利用しても良いでしょう。

 

 

転勤族の妻に向かない銀行口座

 

メガバンク

メガバンクは近年、支店とATMの数を削減する動きにあり、地方都市に支店・ATMが存在しない可能性が高いです。また、ネット銀行と比較すると金利がとても低いのもデメリットの一つです。

 

地方銀行

数年で転勤・引っ越してしまうのに地方銀行の口座を開設するのは、言うまでもなく非効率でしょう。

 

JA(農協)

JAは全都道府県にありますが、口座を開設した支店でなければ名義変更や口座閉設、定期預金の引き出し等の諸手続きができません。よって、引っ越しの多い転勤族にとっては使い勝手が悪いです。

 

 

以上、転勤族妻にオススメの銀行口座3選をご紹介しました。